【アメフト】Xリーグにはどのようなチームがある?どこのチームがおすすめか現役選手が答えます!

Xleague
スポンサーリンク

「Xリーグ」はプロリーグではないからこそたくさんのチームが存在します。

「X1」と呼ばれる上位リーグから、「X3」と呼ばれるリーグと幅広くあり、数多くのチームが存在します。

また「Xリーグ」以外にも、地域に根付いた独立リーグ等も多数存在し、関東や関西、九州以外にも社会人アメフトチームは存在しています。

今回は「Xリーグ」に限りどのような個性を持ったチームが存在するのか探ってみました!

スポンサーリンク

チームによって目標が違う

「Xリーグ」には数多くのチームがありますが、大前提として所属しているリーグに応じて目指せるその年の目標が異なります。

例えば「X1Super」に所属しているチームはリーグ戦で上位に位置し、その後のプレーオフを勝ち抜くと(年度によって方式は異なります)、毎年行われる社会人日本一決定戦、「XBowl」への出場権を手にすることができます。

では他のリーグはどうなのでしょうか?

その年の所属リーグによっては日本一は目指せない

「X1Super」所属のチームであればシンプルに日本一を目指して1年間活動することができます。しかしその他のリーグに所属するチームはその年に関して言うと、日本一を目指すことが不可能となります。

「X1Area」に所属のチームであれば、まずは一つ上の「X1Super」のリーグに上がらないと日本一を目指すことができません(2019年のリーグ方式の場合)。ですので、「X1Area」所属のチームに関しては、チームとしてのその年の最高の目標設定は「X1Super昇格」と言うことになります。「X2」所属のチームであれば2つ上のリーグに上がらないと日本一を目指すことはできないので、まずは「X1Area昇格」がその年の最高目標になるでしょう。

また、リーグが上がるにつれて、金銭面でもチームの負担が大きくなるため、入れ替え戦に勝利をしても、金銭的理由により一つ上のリーグに所属することが難しくリーグを維持するチームも少なくありません。

金銭面で上位リーグに上がれないのはもったいない話ではありますが、プロチームのない「Xリーグ」にとって、金銭問題はリーグ昇格以前にチームが存続できるかどうかのリアルな話につながっていきますのでどうしようもありません。例えば、昇格してもチームを維持できず解散してしまうような事態が起きてしまっては元も子もありませんからね。

「Xリーグ」のこういった点をみんなの力で改善していけると良いですね。

長期的に見ればどのチームでも日本一を目指せる

チームによっては、その年は日本一を目指せないかもしれないですが、裏を返すと、長期的に見れば日本一を目指せると言うことにもなります。「X1Area」であれば最短で1年後、「X2」であれば最短で2年後ではありますが、そこに向けて努力していけば日本一を目指す環境を整え、日本一になることも可能です。

自分のプレーレベルと相談したり、チームがどこを目指しているのかをヒアリングしてみたりとご自身の重視する観点でチームを見てみると、チーム選びも有意義なものになるかもしれません。

もちろん、日本一が全てではないので、自分にとって居心地の良いチームを選んだりするのも良いでしょう。

どこのチームがおすすめ?

ではどこのチームがおすすめなのでしょうか?

検討する上での前提条件として、実業団チームは2020年現在で2チームしかないこと、また、その会社に入社することが前提となり少し特殊であるため、今回は対象外とさせていただきクラブチームのみで考えることとします。

ただ、結局おすすめのチームは、実業団、クラブチーム問わず、その人の目指すところや求めるものに依存すると思います。

今すぐにでも日本一を目指せるところでプレーしたいとなれば「X1Super」所属のチームにするのが良いと思いますし、ゆっくりでもチームと一緒に成長していきたい、考え方に共感できるチームに所属したい、日本一を目指すよりも自分のペースでアメリカンフットボールを楽しみたい等の想いであれば、「Xリーグ」の下位リーグだったり、「Xリーグ」ではなく、他独立リーグに所属するチームの方が性に合うかもしれません。

Xリーグの中ではどのチームがおすすめ?

「どのチームがおすすめか」と言う議論は非常に難しい話になってきます。

私の主観で話すことは可能ですが、逆に言えば主観(自分の好き嫌いや目標)でしか語れない話でもあると思うので、結局結論からすると、その人が何を重視するか(好みなど)によると思います。

日本一になりたいと思い「X1Super」に所属するチームにしようとしたとします。ただ、その中でも、単純な昨年度までの戦績からの強さを重視するのか、新メンバーで有望な選手が集まるからその将来性にかけてそこにするか、チームのフィロソフィーに共感するのか、チームの雰囲気で選ぶのか、単純な好みで選ぶのか、本当に多くの観点があると思います。

練習頻度や量もチームによって大きく差があります。土日を存分に使って練習するチームもあれば、効率よく短い時間で練習するスタイルのチームもあります。

そこは自分自身のライフスタイルに合うのかどうかが1番の判断基準になると思うので、実際にチームを見に行き、自分に合ったチームを見つけることが大事であると私は思います。

好きなチームに所属しよう!

どこのチームがいいかは、あくまでその人がどう感じるか、どう思うのかに依存すると思います。

私が良いと思ったチームでも、他の人からすると微妙と感じることもあれば、その逆もしかりです。

自分自身のアメフトに関する想いであったり、プライベートとの両立を鑑みてどこのチームがいいのかを考えてみましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました